Japone home concept garage room life

side menu

10月< 2012年11月 >12月

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

ワークショップ

コメント

アーカイブ

links

search this site

profile

QR

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え~、今日は 三木市に 刃物市を 見に行く途中で この写真の真正面の私のお気に入りのパン屋さん、『味取』さんへ...。(おそらく、外観では 看板も控えめでパッと見は すぐに パン屋さんだとは 分からないと思います。)

だが、しか~しッ...、午後1時前に 到着したにも拘らず、ほとんど売り切れですた...。

買ったのは クランベリーチョコナッツとクロッカンのみ...。

しかし、こうして見ると電線が むちゃくちゃ多いですね。

原子力発電に代わる次世代エネルギーが実用化されれば、こうした電線が減って 町並みも綺麗になるかもしれないのにねぇ...。(但し、原子力技術は 必要だと思いますけど...。)

温度差発電や常温核融合の次世代エネルギーが かなり研究されていると聞いたことがあるんですが、何故か助成などが ほとんど、されないらしい。

次世代エネルギーが 開発・実用化されれば、電力会社やそれに纏わる既得権益者には 都合が宜しくないのでしょうか?笑

温度差発電は コスト的にも かなりコストが低く、 火山大国日本には かなり向いているらしく、常温核融合は 『核』と名は用いられていますが、害する核物質は 出ないらしく、小さなシステムで 家庭の電気くらいは 賄えるらしいですね。

これらの次世代エネルギーが 実用化されれば、電力だけでなく、送電網やらまでを一括している、要するに独占(厳密には 新規参入可能になったのかな?)している電力会社には 都合が宜しくないのでしょうかね?

誰が 泣くのでしょうか?笑

これらの次世代エネルギーが 実用化されれば、日本は 他国から高い費用を掛けて輸入して使う化石燃料を 大幅に削減できるのでは無いでしょうか?

支配者側からすれば、何も考えれない洗脳民は都合が良いですからねぇ...。笑

色々な情報を見比べていると『テレビ』なんて洗脳の要素満載に思えてなりません。笑

私たちが 洗脳から解かれて 自分自身で考えれば、世の中、少しは変わるんじゃねぇの?と 思う今日この頃...。笑

話は トびましたが、さすがに 今日は 自転車では在りません。

悪しからず...。笑





で 三木の金物市で 古式鍛錬とやらのデモ。

『あぁ~、オレも 叩きてぇ...』と 思いながら、写真を撮ってますた...。笑

現場で バイトしていた時、ガスでチッパーのちびったノミ先を 叩いて尖らしたりしたことがあるんだけど、結構、無心になれるんだよね...。

私のお目当てのモノは 在りませんでした...。

豆反り鉋や山林用手曲鋸が 欲しかったのですが 在りませんですた...。

どうやら、お目当ての会社は 出展されて居なかったようです。

で 帰りの駐車場までの巡回無料のマイクロバスで発車前の出来事...、「席に着いてください」と やんわり、当たり前の事を 運転手さんに 言われた40代前くらいのお子様連れのお母さんが ぶつぶつとご丁寧なお言葉で「初めから言えや」とか その父上と思われる方も 「座わらなあかんのか」とか、ブツブツと聞こえるか聞こえないかの音量で 言うてますた...。

運転手さんは 親切心で 仰っているのに...。

それに もし、急ブレーキ等で 倒れて怪我でもしたら、あんたら、輩、言わない?大丈夫!?って 思いますた...。笑

なんだかな~...。笑




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。