Japone home concept garage room life

side menu

08月< 2014年09月 >10月

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

ワークショップ

コメント

アーカイブ

links

search this site

profile

QR

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/09/06 (土)

合成洗剤の話

   前にも 坂下栄さん著作の合成洗剤の本を読んだのですが、
  今回、二回目なので 更に 理解できますた...

   一言で言うと 合成洗剤って 『 毒 』 っ!?

   としか思えん...w

   界面活性剤は 脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウムにも 含有されているのですが、
  前者は 完全に分解しないで 後者の石鹸は 分解するそうです。
  それに 石油系合成洗剤に含まれている界面活性剤は 生物の細胞組織を破壊するのに
  メーカーサイドは 人間と実験体のメダカやマウスとは 比較できないとか
  言い切ってるそうです...w

   で 経皮毒といって 経口摂取した場合と皮膚から浸透してしまう場合とでは
  毒素の排出パーセンテージも 全く異なるということです...
  経口の場合は 排尿・排便で ほとんど98%位とかで排出されて行くということなんですが
  皮膚から 浸透した場合は 半分以下しか排出されないそうです...

   皮膚細胞を 破壊しながら血液に乗り、肝臓や腎臓に 行くわけですが、
  肝臓は その毒素を分解しようと酵素を生成しますが、
  石油系の毒素なんて分解する酵素を 作れるわけもなく、
  生成された酵素は 自分の仕事をするために 体内のカルシウムやらを分解したりして 
  体内のミネラルバランスなどが崩されて 毒素も 体内にとどまったままだそうです...


   すんげ~コワい...w


   現在は 石鹸と表示されていても 石油系の合成物質が入れているものなどが
  結構、あるらしいということなので 我が家の洗剤をチェックしたところ、
  炊事場の石鹸と書いている液体洗剤を見たら 合成系のモノが一杯入ってますた...w

   本来、植物油で出来た 「 せっけん 」 で 十分、洗浄できるみたいですね...

   食器も ちょっとした油汚れ位なら 天然の椰子や棕櫚の素材の束子で 十分、落ちるしね...
  油汚れが多ければ、ティッシュ等で拭き落としてから 洗えばいいし...

   わざわざ、人体に悪いものを作って お金のために売りつけているとしか思えないな...
  人体だけでなく、環境も破壊するということです...


   要は 利益優先で 生命は 後って事ですね...w


   環境を破壊するということは 
  我々、人間が食べ物を得る 『場』 を 破壊しているということにも繋がる...

   
   あ、合成洗剤って 戦後、ドイツから入ってきたそうです...

   ドイツですよドイツ...w

   毒ガス開発したドイツから...w

   なんだか日本列島自体が 大きなガス室のように思えてきた...w

   この本には 詳しく書かれていなかったので 
  合成洗剤の発明経路など また、調べてみようとおもいます...w

   みなさん、植物油で出来た 「 せっけん 」 のほうが いいと思いますよ...

   合成洗剤系の本を 数冊、読んでみて下さい。

    「 せっけん 」 と  『 合成洗剤 』 の違い・怖さが分かると思います...








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。