Japone home concept garage room life

side menu

08月< 2014年09月 >10月

S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

ワークショップ

コメント

アーカイブ

links

search this site

profile

QR

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/09/27 (土)



   お久しブリーフ...

   現在、煎餅に 凝ってまして~...

   ちょっとだけ玄米入りの残りご飯を すり鉢で潰して煎餅にしとります。

   結構、ウマいですが、摩り潰し方が アマいのか、ちょっと堅い...

   反時計回りに 11時の方から 
  塩 ~ 醤油 ~ 一味醤油 ~ 胡椒醤油 ~ 胡椒に 成っとります。
  個人的には 醤油・一味・胡椒醤油が ウマい。
  やっぱり、コメなので 醤油が適合しますね。

   自分で 造ると安心です...w

   で 真ん中のは バルバリってイランのナンを参考にしたのですが...
  ちょっと厚めの生地なんだそうです。

   あんまり、雰囲気出てないなぁ...w

   本には もっと長くて反りあがってんですけどね...
  多分、釜に貼り付けて焼いてるから 反ってるんだろうけど。

 
   石釜造りたいな...







   で 創り方ですが、まな板等と底の浅い小皿に ラップを貼って少し油を塗り、
  すり鉢で好みの段階に潰したコメを適量丸めます。

   材料にも ぼくは 少し油を入れて摩りつぶし枡。
  繋ぎに米粉等を 入れるみたいですが、入れなくても行けます田...








   で 丸めたコメを 置いて上から小皿でプレスです。

   っこれだけ...w

   簡単。

   ただ、なるべく底の浅い小皿を使用して 薄くしたほうが焼くのに時間が掛かりません。
  ぼくの場合は 220度で25分くらいです。
  本当は 200度くらいの方が 良さそうですが、30分以上掛かりそうなので止めます多...

   何が入っているか解らないお菓子より 良いと思います...w

   それに キャンプとかの非常食として携帯しておくと役に立つかもです。

   お試しアレ~...








   関係ないですが、おまけ...w

   ちょっと前に焼いたパン。

   タバチュールとザルツシュシュタンゲン
  タバチュールは蓋の部分が薄いのと打粉を もっと塗布しないと
  蓋の部位が本体から フワッと浮いたような感じにならないと思われる...

   ザルツシュタインは オーストリアのビールに合うロールパンとのことで
  三角形に伸ばして巻くだけです。

   霧吹きは パンに吹くのかと思っていたのですが、
  こないだ借りた本で本当の意味が解ります多...w

   パンじゃなく、釜の中に粒子の細かい蒸気を充満させることによって
  それがクラストに纏わり付いて表皮の急激な温度上昇を押さえるということなんですね...
  え~っと、その後の説明忘れたな...w

   表皮が急激に焼け固まるとパンの釜伸びに影響するからだったかな...!?
  あと、クラストのカラメル化にも かんするとかなんとか...だっけっ...!?


  図書館で 再度、読み返そう...w










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。