Japone home concept garage room life

side menu

03月< 2017年04月 >05月

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

ワークショップ

コメント

アーカイブ

links

search this site

profile

QR

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014/06/07 (土)



   え~、またまた本です...笑

   この著者の本、以前にも読んだことがあるんですが、
  図書館で目に入って来たので借りちゃいます田...

   タイトルがすごいですね...笑

   文中でも グズ、グズ、グズ...の連発です...笑

   読んでると自分に当て嵌まることばかりです...笑

   愚図な人は あっちゃこっちゃ中途半端に物事を抱えすぎるから グズになり易いということなんで
  モモの中の掃除夫のおじいさんのように 目の前の事を一つずつ片付けていくということが
  グズから脱出する方法だとういうことでしょうか...?

   ただ、文中で 仕事は 質よりも 少々、雑でもスピードと量のほうが大切と仰っている点には
  自分的には 意義在りで 職種と程度の問題だと思うんだけどなぁ...

   この著者は 企画や営業をメインに著述されているような感じなので
  職人仕事やモノ造りには スピードより 質と量が大切だと思うんですけどね...
   ぼくの経験上では 雑に仕事する子より 最初は遅くても コツコツと丁寧さに重点を置き、
  考えながら作業する子のほうが 後々、雑な仕事をするより 
  丁寧で作業スピードも速くなることのほうが多かったような気がしましたね...

   最初から 速くて雑な子は 本質を思考しながら作業しない傾向があるので
  何時まで経っても技術が向上しないし、無駄な動作も 何時まで経っても改善されない事が多い...
   勿論、仕事の追求度などで 雑でもよい仕事も在るだろうけど...

   この著書のなかで グズで悩んでる人は 自分の得意なことや簡単なことから 
  少しずつ動くことでグズのループから 脱出できやすいとの一文は当たり前だけど、同感です。

   この本、やる気の失せてる人には 何かの切っ掛けになるかもしれません...

   ぼくのように 「ブログも纏めて後で書こう」ってことも グズの要因らしいです...笑
   なので、今回は インプット → 思考 → アウトプットを 早くしてみますた...笑

   ようわ、西川きよし師匠のように 『小さなことからコツコツとっ』って事ですね...笑





スポンサーサイト
コメント
コメントする

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://takogaking.blog.fc2.com/tb.php/159-0ab1eead

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。